50名のスタッフの
教育係を通じて、
私が学んだこと。

ミスタードーナツ
アルパーク天満屋ショップ

店主 井上 彩いのうえ あや

●主な仕事

ミスタードーナツ店舗における製造・接客・マネジメント(数値管理、店舗運営)、スタッフに対して新商品やサービスへの理解・説明、本部からのルール変更への対応、アルバイト・パートの募集業務

●プロフィール

広島県廿日市市出身、広島県立宮島工業高校卒業後、広島コンピューター専門学校でゲームCGを選考

自信が持てたのはこの仕事のおかげ。
会社全体の教育係として頼られる存在に。

 ミスタードーナツは高校3年生のときから4年間アルバイトを続け、そのまま入社しました。居心地が良く、何より働いている人たちが好きだったんです。頼れる先輩、憧れの存在がたくさんいました。私もそんな人になりたいと思いました。

 実際に社員になって痛感したのは、責任の大きさ。これまでのアルバイト経験を買われ、JR広島駅にオープンした新店舗のスタッフ教育係に抜擢されました。スタッフ数は50名以上。中国地方で最も利用者数の多い広島駅にある店舗であり、プレッシャーはとても大きかったです。本社マネージャーは「やりたいことをやってみればいい」と寛大な姿勢で見守ってくれたので、心強かったですね。そうして何気ない一挙手一投足を大事にするような接客・教育を心がけました。この経験を通して、教える立場であった自分の方が勉強になりました。自信が生まれ、成長できたような気がします。

 入社1年目にして、人に「教える」という機会をもらえたのは非常に良かったです。責任ある仕事だけに頼られることが多いですが、だからこそ仕事が楽しいと思えるようになってきました。上司やマネージャーからも「これ、どう思う?」と意見を求められることも増えました。人が育つ姿を間近で見られるのはやりがいの一つです。

 いま、会社全体の教育係になることをめざしています。もともと、自分に自信があるタイプではありませんでしたが、好奇心がそれを打破してきました。これからも新しいことにチャレンジしていきたい。そして、新しいブランドのお店をゼロから立ち上げてみたいです。結婚してもニッシンコーポレーションのスタッフであり続ける。これが一番の目標です。
井上 彩さん写真 井上 彩さん写真 井上 彩さん写真