あけぼの珈琲
下関店

店長 山本真気郎やまもと しんきろう

●主な仕事

店舗運営、接客、キッチン、発注作業、シフトづくり、業者(仕入れ先)交渉、事業計画、お客様のマーケティング、メニュー開発

●プロフィール

山口県下関市出身。高校卒業後、関東で料理人として修業。その後、Uターンして入社。

店づくりを通して人間性を高めていき、
新しいブランドカフェの立ち上げを成功

 フランチャイズ(FC)は、本部のブランドを守らなければなりません。一方、私が店長を務めるニッシンコーポレーション独自のブランドである喫茶店「あけぼの珈琲」は、自分たちでお店を作っていかなければなりません。とてもクリエイティブな仕事です。まだまだ手探りで大変な部分もありますが、その分、おもしろさもある。この「あけぼの珈琲」ブランドの魅力にもっと磨きをかけ、2号店、3号店を出し続けていきたいですね。

 私はUターンで下関に戻り、ニッシンコーポレーションに入社しました。面接した会長、社長、久田さんみんながとにかく熱かったですね。話もとてもおもしろくて。入社してもそのギャップはまるでなく、これから大きくなっていく会社であり、さらに上をめざせる会社だと確信しました。

 私は元・料理人で、以前はさばさばした性格でしたが、この仕事を通して人間性が高められたような気がします。特にコミュニケーションスキル。お客様やアルバイトスタッフと関わる中で、そして、この職場の人たちの人柄や熱意のおかげで、人との関わり方を学ぶことができました。何でもストレートに言えばいいというものでもない。ストレートな言い方は、人を傷つけてしまうこともある。人を大事にする方法を知ることができたのです。

 これからも、自分が担当するお店すべてを成長させたいと思っています。そして、若いアルバイトスタッフたちも成長させたい。若い人たちがいつか大人になったとき、「あのときのアルバイトの経験が自分を成長させてくれた」と言ってもらえるような大人になってもらいたいですね。
山本真気郎さん写真 山本真気郎さん写真 山本真気郎さん写真